口コミランキング型自転車情報サイト

口コミランキング型自転車情報サイト乗りコミ! > ニュース > ルーベを駆けたプロバイクVol.3 ナーセン、フルーネウェーヘン、デゲンコルブ、シャヴァネル

ニュース

ニュース一覧を見る

cyclowired 2018年04月15日

ルーベを駆けたプロバイクVol.3 ナーセン、フルーネウェーヘン、デゲンコルブ、シャヴァネル

パリ〜ルーベに挑んだ選手たちのバイクを紹介する第3弾。ベルギー王者やシルヴァン・シャヴァネルのスペシャルカラーバイク、衝撃吸収機構搭載バイクなど、激しく荒れた石畳対策を施した機材を紹介します。

オリバー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼル)
ファクター O2

オリバー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼル)のファクター O2オリバー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼル)のファクター O2 photo:Makoto.AYANO
ベルギー王者として”北の地獄”に挑んだオリバー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼル)は、エアロロードのONEではなく、軽量オールラウンダーであるO2を選択。ロンド・ファン・フラーンデレンでも駆ったチャンピオンカラーのバイクではなく、ファクターとデヴィッド・ミラー(イギリス)が手がけるアパレルブランド「CHPT3」がコラボレーションしたスペシャルモデル「ONEMORELAP」を他メンバーと共にルーベで初披露した。

CHPT3のアナウンスによれば、その名が意味するのはルーベのヴェロドロームに辿り着いてもなおもう一周を走る様子を意味しているという。グレーメタリックとチームカラーの水色、そして様々なメッセージがフレームのグラフィックに込められている。

デヴィッド・ミラー(イギリス)のアパレルブランドとコラボレーションした「ONEMORELAP」デヴィッド・ミラー(イギリス)のアパレルブランドとコラボレーションした「ONEMORELAP」 photo:Makoto.AYANOコスミックカーボンに組み合わせたのはコンチネンタルのCOMPETITION PRO LTD RBX(28mm)コスミックカーボンに組み合わせたのはコンチネンタルのCOMPETITION PRO LTD RBX(28mm) photo:Makoto.AYANO

SRMのカーボンクランクを使うアージェードゥーゼルSRMのカーボンクランクを使うアージェードゥーゼル photo:Makoto.AYANOサードバイクにはアルテグラのチェーンリングがセットされていたサードバイクにはアルテグラのチェーンリングがセットされていた photo:Makoto.AYANO

2位となったシルヴァン・ディリエ(スイス)のナショナルチャンピオンカラーバイク2位となったシルヴァン・ディリエ(スイス)のナショナルチャンピオンカラーバイク photo:Makoto.AYANO
また、メイン集団から抜け出して追いついてきたペテル・サガン(スロバキア)に食らいつき、200kmにも渡る逃げの末に2位となったシルヴァン・ディリエ(スイス)もO2を駆り、目にも鮮やかなスイスチャンピオンカラーのバイクを人々の目に焼き付けた。

ナーセンのタイヤはロンドと同じコンチネンタルのCOMPETITION PRO LTD RBX(28mm)で、インナーリングは46Tに変更。セラミックスピード製のチューニングパーツを多数搭載しているが、UFOチェーンは採用されなかった模様。なおチームカーのルーフ上に積まれたナーセンとディリエのサードバイクには53-39Tのアルテグラクランクセットが装備されていた。



ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)
ビアンキ INFINITO CV

ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)のビアンキ INFINITO CVディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)のビアンキ INFINITO CV photo:Makoto.AYANO
ロットNLユンボでは通常レースで使うOLTRE XR4ではなく、ビアンキで初めて振動除去機能カウンターヴェイルを搭載したエンデュランスモデルのINFINITO CVを全選手が使用した。ヘッドチューブが長くハンドル位置が高くなるため、ほとんどのバイクがFSAのSL-Kステム(マイナス12度)を用いてポジション出しを行っている。

シマノサポートチームであるものの、破損リスクを踏まえてかスペアバイクも含めて旧型の9070系デュラエースで統一し、ホイールも同C50で揃えた。組み合わせるタイヤはヴィットリアロゴだけが入るCORSA CONTROLの28mm幅で、ブレーキキャリパーとのクリアランスはかなり狭い。バーテープはハンドル中心部まで厚めに二重巻きされていた。

ヘッドチューブが長いため、FSAのマイナス12度ステムでポジションを調整するヘッドチューブが長いため、FSAのマイナス12度ステムでポジションを調整する photo:Makoto.AYANOハンドル中央部まで巻かれたチェレステカラーのバーテープハンドル中央部まで巻かれたチェレステカラーのバーテープ photo:Makoto.AYANO

ビアンキで初めて振動除去機能カウンターヴェイルを搭載したエンデュランスモデル、INFINITO CVビアンキで初めて振動除去機能カウンターヴェイルを搭載したエンデュランスモデル、INFINITO CV photo:Makoto.AYANOホイールは旧型のWH-9000-C50で統一ホイールは旧型のWH-9000-C50で統一 photo:Makoto.AYANO



ジョン・デゲンコルブ(ドイツ、トレック・セガフレード)
トレック Domane SLR 8 Disc

ジョン・デゲンコルブ(ドイツ、トレック・セガフレード)のトレック Domane SLR 8 Discジョン・デゲンコルブ(ドイツ、トレック・セガフレード)のトレック Domane SLR 8 Disc photo:Makoto.AYANO
チームカーに搭載されたスペアバイク。IsoSpeedのスライダーは最もしなり量が多くなる位置に設定チームカーに搭載されたスペアバイク。IsoSpeedのスライダーは最もしなり量が多くなる位置に設定 photo:Makoto.AYANOホイールは2種類を用意した。ディスクブレーキローターはSM-RT99ホイールは2種類を用意した。ディスクブレーキローターはSM-RT99 photo:Makoto.AYANO

2015年に続く2度目のパリ〜ルーベ制覇を目指したジョン・デゲンコルブ(ドイツ)ら、トレック・セガフレードは初めてディスクブレーキバイクを”北の地獄”へ投入。このレースのために開発されたトレックのエンデュランスバイクDomane SLRをメンバー全員が使用した。

このDomaneは昨年に限定販売も行われた、アグレッシブなポジションを可能とするH1フィットジオメトリーのRace Shop Limited。ほとんどのバイクがIsoSpeedのスライダーを一番下側(=しなり量最大)にセットしており、振動吸収に優れたISOCORE(アイソコア)ハンドルを組み合わせて激しく荒れた石畳に挑んだ。

ロンドでは60mmハイトのAeolus XXX 6が主に使用されていたが、ルーベでデゲンコルブは47mmハイトのAeolus XXX 4をチョイス。スペアバイクには2種類のホイールが分けて搭載されていた。コンポーネントはR9150系デュラエースDi2で統一するが、ディスクブレーキローターはロード/シクロクロス用のSM-RT99。スタビライザーを搭載したアルテグラの新型ディレイラー「RD-RX805-GS」を搭載したバイクも存在した。また、ボトルケージは固定力に優れる定番製品「Bat Cage」。ゴムリングを嵌めてボトルが抜け落ちないようにするのも同チーム定番のカスタマイズだ。



シルヴァン・シャヴァネル(フランス、ディレクトエネルジー)
ウィリエール Cento10 NDR

シルヴァン・シャヴァネル(フランス、ディレクトエネルジー)のウィリエール Cento10 NDRシルヴァン・シャヴァネル(フランス、ディレクトエネルジー)のウィリエール Cento10 NDR photo:Makoto.AYANO
今季限りでの引退を表明しているシルヴァン・シャヴァネル(フランス)らディレクトエネルジーのメンバーは、エラストマーによって振動吸収性を高める「アクティフレックス」を投入した、ディスク/リムブレーキ両対応のウィリエールCento10 NDRを全メンバーが使用した。黒赤のチームカラーに加え、シャヴァネルのみ黒黄色のスペシャルカラーが充てがわれている。

全バイクがディスクブレーキ仕様であり、FC-R9100-Pを搭載したR9150系デュラエースDi2で統一。しかしサンウェブやトレック・セガフレードと同じくディスクブレーキローターはロード/シクロクロス用のSM-RT99だった。ファストフォワードのF4Dホイールに取り付けられたタイヤは、ハッチンソン RACING LABのロゴが貼られたデュガスのStrada Cotton(28mm)。

エラストマーによって振動吸収性を高めるアクティフレックスエラストマーによって振動吸収性を高めるアクティフレックス photo:Makoto.AYANOハッチンソンのロゴが貼られたデュガスのStrada Cotton(28mm)ハッチンソンのロゴが貼られたデュガスのStrada Cotton(28mm) photo:Makoto.AYANO

綺麗にデザインされた石畳のチャート綺麗にデザインされた石畳のチャート photo:Makoto.AYANOスタート前に空気圧をチェックするスタッフスタート前に空気圧をチェックするスタッフ photo:Makoto.AYANO

シャヴァネル以外の選手は黒赤のノーマルカラーバイクシャヴァネル以外の選手は黒赤のノーマルカラーバイク photo:Makoto.AYANO
text:So.Isobe
photo:Makoto.Ayano

Let's block ads! (Why?)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弊社は一切の責任を負いません。
【その他のニュース】
2016年02月18日

ワールドサイクルより新作和柄ジャージ登場!

2015年03月22日

アスロニアからオリジナルロードバイク「AR113」登場 カーボンエアロホイールを標準装備

2017年06月20日

富士五湖を巡る魅力たっぷりサイクリング 富士山ロングライド 9月3日開催

ニュース一覧を見る

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
ページトップ