口コミランキング型自転車情報サイト

口コミランキング型自転車情報サイト乗りコミ! > ニュース > ラグナ・セカで2名が逃げ切り トレックのスクインシュが大会通算3勝目

ニュース

ニュース一覧を見る

cyclowired 2018年05月16日

ラグナ・セカで2名が逃げ切り トレックのスクインシュが大会通算3勝目

ラグナ・セカサーキットにゴールするカリフォルニア第3ステージで逃げが決まる。スプリンターの追い上げを抑えたトームス・スクインシュ(ラトビア、トレック・セガフレード)が大会3勝目を飾った。

スタート前のインタビューに答えるペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)スタート前のインタビューに答えるペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) (c)Amgen Tour of Californiaファンの声援に応えるマルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)ファンの声援に応えるマルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン) (c)Amgen Tour of California

山岳バトル翌日のツアー・オブ・カリフォルニア(UCIワールドツアー)第3ステージは、逃げ切りの可能性を秘めたアップダウンコースが用意された。キングシティから「乾いた内海」を意味するラグナ・セカサーキット(正式名称ウェザーテック・レースウェイ・ラグナ・セカ)を目指す197kmのロングコース後半には2級、2級、2級、3級と山岳ポイントが集中しており、最後はサーキットのホームストレートにフィニッシュする。

この日も積極的に動いたのはアメリカのプロコンチームだった。ラリーサイクリングは昨年逃げ切りで2勝を挙げたエヴァン・ホフマン(アメリカ)とロビン・カーペンター(アメリカ)を送り込み、イアン・ガリソン(アメリカ、ハーゲンスベルマン・アクセオン)もジョイン。チームスカイ率いる集団が、最大5分差まで広がった3人のリードを徐々に削りながらレースが進んでいった。

逃げグループ内ではホフマンが山岳ポイント1位通過を重ねたが、ダウンヒル中にチェーンを落とし、復帰に手間取ったことで脱落。カーペンターもペースが合わずに遅れ、メイン集団から単独抜け出したローソン・クラドック(アメリカ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)は先頭に残ったガリソンに届かず引き戻されている。

序盤に逃げたエヴァン・ホフマン(アメリカ、ラリーサイクリング)序盤に逃げたエヴァン・ホフマン(アメリカ、ラリーサイクリング) (c)Amgen Tour of Californiaゴールドカラーのバイクを駆るペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)ゴールドカラーのバイクを駆るペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) (c)Amgen Tour of California

メイン集団ではチームスカイが前方を固めるメイン集団ではチームスカイが前方を固める (c)Amgen Tour of California
アップダウンが集団からのアタックを誘発し、この日3つ目のKOM「カチャグア・ロードサミット(登坂距離3km、平均勾配7.6%)」ではトームス・スクインシュ(ラトビア、トレック・セガフレード)とローガン・オーウェン(アメリカ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)が抜け出しに成功する。2名はガリソンを捉えたが、この時既に集団が背後に迫っていた。

吸収を嫌い加速したスクインシュが単独となり、メイン集団からはシーン・ベネット(アメリカ、ハーゲンスベルマン・アクセオン)が合流に成功する。2名を見送った集団は状況を落ち着かせるべく瞬間的にペースを緩めた。

集団内で走るエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)集団内で走るエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ) (c)Amgen Tour of California
こうしてベネットとスクインシュは、追撃したアナス・エイトエルアブディア(モロッコ、UAEチームエミレーツ)とアレックス・ハウズ(アメリカ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)を振り切って逃げを開始。リードは最大25秒までしか広がらなかったが、協調体制を組む二人は強力だった。

メイン集団はラグナ・セカに進入する登り勾配で一気に人数が減り、スプリンターチームのアシストがほとんど遅れたことも手伝ってペースを上げられない。お見合いでペースを落とすペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)たちを尻目に、スクインシュがやや抜け出す形で15m近くの高低差を下るS字シケイン「コークスクリュー」前のコース最高標高地点をクリアした。

長いガッツポーズで勝利を喜ぶトームス・スクインシュ(ラトビア、トレック・セガフレード)長いガッツポーズで勝利を喜ぶトームス・スクインシュ(ラトビア、トレック・セガフレード) (c)Amgen Tour of California
8秒届かなかった集団の先頭はカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)が抑える8秒届かなかった集団の先頭はカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)が抑える (c)Amgen Tour of California元所属チームの選手と勝利を喜ぶトームス・スクインシュ(ラトビア、トレック・セガフレード)元所属チームの選手と勝利を喜ぶトームス・スクインシュ(ラトビア、トレック・セガフレード) (c)Amgen Tour of California

ハンドルに顔を埋めるように下りを飛ばしたスクインシュは、独走で最終コーナーを抜け、ベネットの位置を確認して長い長いガッツポーズを披露。落車による脳震盪で昨年大会をリタイアした26歳が、2015年、2016年に続く3度目の逃げ切りを成功させた。

「残り300mでようやく勝利を確信した。集団から誰かが追いかけてくると思っていたけれど、ハイペースが祟ったんだと思う。過去大会で同じコースを走っていたことが味方になったよ。どう攻略すれば良いのか理解していたんだ」とスクインシュは勝利を喜ぶ。

8秒後にフィニッシュラインにやってきた集団の先頭はカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)が獲り、2年前の同コースで勝ったサガンはユアンに次ぐステージ4位に。エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)やアダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)がその後ろでなだれ込み、総合上位に大きな変動は生まれなかった。

ステージトップスリーが表彰台に並ぶステージトップスリーが表彰台に並ぶ (c)Amgen Tour of Californiaリーダージャージはエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)がキープリーダージャージはエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)がキープ (c)Amgen Tour of California

Let's block ads! (Why?)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弊社は一切の責任を負いません。
【その他のニュース】
2018年01月01日

5年目を迎えた東京ヴェントス 5名の新規加入選手を迎え更なる戦力増強へ

2016年09月27日

日本自転車普及協会より第2回自転車セミナーのご案内

2018年02月02日

1級山岳で仕掛けた3名が逃げ切り バルベルデがレース復帰後初勝利を飾る

ニュース一覧を見る

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
ページトップ